カテゴリー : FreeBSD

FreeBSD : FreeNAS上のOwncloudアップグレード

FreeNASのプラグインは更新頻度が低いので、Owncloudのアップデートが遅れていた。
と、いっているうちにメジャーバージョンが8になってしまったので、うちのFreeNASで動いている6.0.3をアップグレードすることにした。

FreeNASのウェブGUIでプラグインをアップデートすると難なく終了。
ところがスイッチオンできない。

Jailのターミナルから/var/log/messagesを見てみると、

Mar  7 11:58:45 owncloud_1 root: /usr/local/etc/rc.d/apache22: WARNING: /usr/pbi/owncloud-amd64/etc/apache22/httpd.conf is not reada
ble.                                                                                                                                
Mar  7 11:58:45 owncloud_1 root: /usr/local/etc/rc.d/apache22: WARNING: failed precmd routine for apache22

どうも、Jailのアップデートの際に、apache22がapache24にアップグレードされてしまったみたい。

とりあえず、/usr/pbi/owncloud-amd64/sbin/httpd があったので、これをスタートさせることに。
で、ブラウザでOwncloudのアドレスを叩いてみると、これからアップデートを始めるよん、みたいなメッセージ。
Start Updateボタンを押すと、

Updates between multiple major versions are unsupported.

7が出ている間にやっておけばよかったんですね。

config/config.php内のVersionを6.0.3.1から7.0.1に書き換えて、アップグレーダーを騙してみようとするもDBスキーマのアップデートで躓く。

なので、7.0.4に一度上げてから、徐々に8に持って行くことにした。

wget https://download.owncloud.org/community/owncloud-7.0.4.tar.bz2 --no-check-certificate
wget https://download.owncloud.org/community/owncloud-8.0.0.tar.bz2 --no-check-certificate

で、2バージョンDLしておいて、

cd /usr/pbi/owncloud-amd64/www
mv owncloud owncloud_6
tar xjf owncloud-7.0.4.tar.bz2
cp owncloud_6/config/config.php owncloud/config
chown -R www:www owncloud
service apache24 start

(ここで、apache24_enable=”YES”が/etc/rc.confにないと、apacheのスタートでコケるので確認。)

ここで、一度ブラウザからapacheにアクセスして、6.0.3 -> 7.0.4のアップグレードを完了させる。

このあとはapacheを落とし、

service apache24 stop

8.0.0への移行作業。

cd /usr/pbi/owncloud-amd64/www
mv owncloud owncloud_7
tar xjf owncloud-8.0.0.tar.bz2
cp owncloud_7/config/config.php owncloud/config
chown -R www:www owncloud
service apache24 start

再度、ブラウザからapacheにアクセスして、7.0.4 -> 8.0.0のアップグレードを完了させる。

Admin -> VersionでownCloud 8.0 (stable)と表示されていればOKですね。

あとは上記のFreeNASのGUIからスイッチオンできない問題を解決するのみ(だけど、これで十分使えるので、放っておく可能性大)。

広告

ブログの引越し

かねてから検討してはいたのですが、ようやく当ブログをデータセンターに引越ししました。

uruchi.orgは、昨日まで自宅のFreeBSDで動いていました。
これが、DellのPentium4デスクトップで、HDDももちろん一本しかありませんから、いつ行っちゃっても文句言えない環境でした。
ネットも、アップストリームの帯域が狭いRoadrunnerでしたので、写真のダウンロードにえらく時間かかってました。

いくつかブログのホスティング会社を見てみましたが、結局使い慣れたWordpressのホスティングに収まりました。
これなら引越し(エクスポート、インポート)も簡単ですしね。

実際、Dellデスクトップからコンテンツのエクスポート、そしてその後wordpress.comにインポート、の作業をしてみると、これが大変よくできています。
写真等のメディアはおそらくマニュアル作業になるだろうと予想していましたが、なんとなんと写真のコピー、リンクの再構築まで全自動でやってくれました。
ドメインの移動もあっという間に完了し、当初の心配がまったく杞憂で済みました。

今後、時間がとれたらFreeBSDが使えるVPSを当たってみます。が、マシンの管理も無料でやってくれるwordpress.comで落ち着いてしまうかもしれません。

これで、とりあえず環境は整ったので、あとは中身ですね…。

FreeBSDでscreen

make buildworldなど、時間のかかるプロセスを実行していると、途中でクライアント機を再起動できなかったり、rootターミナルを開けっ放しにできずに帰宅が遅れたりすることになりそうですよね。

そんなときに威力を発揮するのがscreenデーモン。
screen上でコマンドを走らせておくと、ターミナルを切断、再接続しても、プロセスはバックグランドで続行されています。

# cd /usr/ports/sysutils/screen
# make install clean

使い方は

# screen
これでスクリーンモードに入るので、このあと時間のかかる作業を始める。

切断するときは、
# ctrl-a d

再接続は
# screen -a

これだけ。セッションに名前をつけて、複数のセッションを使えたりもするのでman screenしてみてください。
これで、make buildworldしながら電車に乗って、帰宅直後にmake buildkernelです。

FreeBSDでXをセットアップ

まずはxorgをインストール。

# pkg_add -r xorg

xorg.confを作成して、/etcに移動。

# X -configure
# mv /root/xorg.conf.sample /etc/xorg.conf

nVidiaのビデオカードを使用しているなら、ネィティブドライバをインストールします。

# cd /usr/ports/x11/nvidia-driver
# make install clean

/boot/loader.confに追加
nvidia_load=”YES”

/etc/rc.confに追加
linux_enable=”YES”

で、OS再起動。

/etc/xorg.confに一文追加。これがないと、X立ち上げたあと、キーボードもマウスもうんともすんともいいません。

Section “ServerLayout”
Option “AllowEmptyInput” “false”
EndSection

このあとはお好きなウィンドーマネージャをインストールしましょう。

FreeBSDで印刷

FreeBSDを使い始めて相当の年月が経ちますが、いまだに印刷は得意分野ではないようです。

とりあえず、ネットワークプリンタの設定方法。

lpdを起動する。

# vi /etc/rc.conf
lpd_enable=”YES”
# /etc/rc.d/lpd start

printcapにプリンター詳細、スプール等を設定

# vi /etc/printcap
lp|HP LaserJet 4350:\
:lp=:\
:rm=192.168.5.95:\
:rp=lp:\
:sd=/var/spool/output/lpd:\
:if=/usr/local/libexec/if-script:\
:lf=/var/log/lpd-errs:\
:sh:

フィルターの設定

# vi /usr/local/libexec/if-script
#!/bin/sh
DEVICE=ljet4
/usr/local/bin/gs -q -dNOPAUSE -sDEVICE=${DEVICE} -sOutputFile=- – quit.ps
exit 0
DEVICEの値についてはgs -hで使用可能なタイプを確認すること。

CUPSを使った印刷がメジャーになってきているようなので、今後時間があるときに試してみます。

KDE4でダブルクリック

Windowsになれてしまうと、シングルクリックでファイルが開いてしまうのはちと厄介、ということでWindowsの要領でファイルを開く方法です。

kdeglobalsファイルを開く

$vi ~/.kde4/share/config/kdeglobals

[KDE]セクションを変更

[KDE]
SingleClick=false

FreeBSDで日本語入力

Xでの日本語入力もだいぶ快適になってきました。

scim+anthyのインストール

#/usr/ports/japanese/scim-anthy
#make install clean

~/.xinitrcに以下を追加

export XMODIFIERS=@im=SCIM
export GTK_IM_MODULE=scim
echo ‘*inputMethod: SCIM’ | xrdb -merge scim &
scim -d &

このあとに、startkdeなどのウィンドウマネージャー起動コマンドを置いてください。
これで、X上でCtrl+Spaceで押下することによって日本語入力モードになります。

広告