カテゴリー : OS X

MacOS Sierraインストーラーの作り方

2010年に購入したMacbook AirをSierraへアップグレードしたい。が、以下の問題がはばかる。

– SierraへのアップグレードはOS X10.7 Lionからのみ。本機に標準で付属のUSBインストーラーはOS X 10.6 Snow Leopard。
– インターネットリカバリーでLionをインストールしようとしたものの、なぜか先に進めない。
– Lionのインストーラーを作ろうとしたものの、LionかMountain Lion上でないとLionのリカバリディスクアシスタントが起動しない。
– Time Machineに保存してあるバックアップはEl Capitanだけど、ここはクリーンインストールが望ましい。

ということで、あとはもうSierraのインストーラーを作るしか選択肢がないような気がする。ので、以下手順。

1. App StoreからMacOS Sierraをダウンロード。
2. ダウンロードしたファイルはApplicatonsフォルダーに保存される。
3. インストーラーが起動した場合は、メニューから終了する。
4. USBメモリを接続。/Volumes内でボリューム名を確認。今回使用した8GBのメモリのボリューム名はUntitled。
5. ターミナルを起動。
6. cd /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources
7. sudo ./createinstallmedia –volume /Volumes/Untitled –applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app

広告

Mac OS XでMetaTrader4

残念ながら、MetaTrader4はWindowsのみのサポートです。
Mac使いは少し工夫しないと、MetaTrader4ではトレードに参加できません。

とりあえず、インテルCPUをお持ちの方向けに考えられるオプションとしては、

  • VirtualBox
  • Crossover
  • Wine

でしょうか。

私はVirtualBox+WinXPでMetaTrader4を使用しています。Windowsのライセンスが入手可能な方は、VirtualBoxがあるとFX以外にも何かと重宝します。RAMは多めにインストールしておいた方がサクサク動きます。

Crossoverについては、ここにインストラクションがありますので、興味ある方はどうぞ。私も時間が取れたら挑戦してみたいと思っています。

最後にWineですが、これはまだ成功していません。XcodeとMacPortsでセットアップを試みていますが、コンパイルで失敗します。Snow LeopardではMacPortsはこけることがまだ多いので、Tigar当たりがうまくいくのかもしれません。

PowerPCベースのCPUをお持ちの方は…この機会に買い換えましょう。

OSXでFink

FinkプロジェクトはOS X用のバイナリパッケージを提供しています。
FreeBSDのPackage Collectionと同じと考えてよさげです。

クライアントはOS X 10.5まではパッケージがありますが、10.6はソースからコンパイルになるので、ここを参考にインストールしてください。

参考URL
FInk Project

OSXでMacPorts

OSX環境には、MacPortsというFreeBSDとよく似たPorts Collectionが存在します。

まず、開発環境が必要ですので、ここからXcodeをダウンロードしてインストールします。OSX付属のCDからインストールすることもできます。

ここから、macportsをダウンロードして、インストールします。バイナリインストールが楽だと思います。

環境変数を追加

$ vi ~/.bashrc
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

macportをアップデート

$ sudo port selfupdate

ports treeをアップデート

$ sudo port sync

アプリケーションを追加

$ sudo port install firefox-x11

portというコマンドがインストールやらアンインストールやらやってくれるわけですが、FreeBSDのportsシステムと比べると、不自由な感じが否めません。

make configやmake distcleanなどはどうなってるのかよくわかりませんし、Makefileのあるディレクトリにcdしないでmakeができてしまうというのも、何をmakeしてるのか気になります。

便利なことがすべてよいわけではない典型的な例ですね。

とはいえ、OSXでenlightenmentがぐりぐり動いてるのは感動モノです。

参考URL
MacPorts
はこべにっき#

KDE4でダブルクリック

Windowsになれてしまうと、シングルクリックでファイルが開いてしまうのはちと厄介、ということでWindowsの要領でファイルを開く方法です。

kdeglobalsファイルを開く

$vi ~/.kde4/share/config/kdeglobals

[KDE]セクションを変更

[KDE]
SingleClick=false

広告