MacOS Sierraインストーラーの作り方

2010年に購入したMacbook AirをSierraへアップグレードしたい。が、以下の問題がはばかる。

– SierraへのアップグレードはOS X10.7 Lionからのみ。本機に標準で付属のUSBインストーラーはOS X 10.6 Snow Leopard。
– インターネットリカバリーでLionをインストールしようとしたものの、なぜか先に進めない。
– Lionのインストーラーを作ろうとしたものの、LionかMountain Lion上でないとLionのリカバリディスクアシスタントが起動しない。
– Time Machineに保存してあるバックアップはEl Capitanだけど、ここはクリーンインストールが望ましい。

ということで、あとはもうSierraのインストーラーを作るしか選択肢がないような気がする。ので、以下手順。

1. App StoreからMacOS Sierraをダウンロード。
2. ダウンロードしたファイルはApplicatonsフォルダーに保存される。
3. インストーラーが起動した場合は、メニューから終了する。
4. USBメモリを接続。/Volumes内でボリューム名を確認。今回使用した8GBのメモリのボリューム名はUntitled。
5. ターミナルを起動。
6. cd /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources
7. sudo ./createinstallmedia –volume /Volumes/Untitled –applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app

広告

FreeBSD : FreeNAS上のOwncloudアップグレード

FreeNASのプラグインは更新頻度が低いので、Owncloudのアップデートが遅れていた。
と、いっているうちにメジャーバージョンが8になってしまったので、うちのFreeNASで動いている6.0.3をアップグレードすることにした。

FreeNASのウェブGUIでプラグインをアップデートすると難なく終了。
ところがスイッチオンできない。

Jailのターミナルから/var/log/messagesを見てみると、

Mar  7 11:58:45 owncloud_1 root: /usr/local/etc/rc.d/apache22: WARNING: /usr/pbi/owncloud-amd64/etc/apache22/httpd.conf is not reada
ble.                                                                                                                                
Mar  7 11:58:45 owncloud_1 root: /usr/local/etc/rc.d/apache22: WARNING: failed precmd routine for apache22

どうも、Jailのアップデートの際に、apache22がapache24にアップグレードされてしまったみたい。

とりあえず、/usr/pbi/owncloud-amd64/sbin/httpd があったので、これをスタートさせることに。
で、ブラウザでOwncloudのアドレスを叩いてみると、これからアップデートを始めるよん、みたいなメッセージ。
Start Updateボタンを押すと、

Updates between multiple major versions are unsupported.

7が出ている間にやっておけばよかったんですね。

config/config.php内のVersionを6.0.3.1から7.0.1に書き換えて、アップグレーダーを騙してみようとするもDBスキーマのアップデートで躓く。

なので、7.0.4に一度上げてから、徐々に8に持って行くことにした。

wget https://download.owncloud.org/community/owncloud-7.0.4.tar.bz2 --no-check-certificate
wget https://download.owncloud.org/community/owncloud-8.0.0.tar.bz2 --no-check-certificate

で、2バージョンDLしておいて、

cd /usr/pbi/owncloud-amd64/www
mv owncloud owncloud_6
tar xjf owncloud-7.0.4.tar.bz2
cp owncloud_6/config/config.php owncloud/config
chown -R www:www owncloud
service apache24 start

(ここで、apache24_enable=”YES”が/etc/rc.confにないと、apacheのスタートでコケるので確認。)

ここで、一度ブラウザからapacheにアクセスして、6.0.3 -> 7.0.4のアップグレードを完了させる。

このあとはapacheを落とし、

service apache24 stop

8.0.0への移行作業。

cd /usr/pbi/owncloud-amd64/www
mv owncloud owncloud_7
tar xjf owncloud-8.0.0.tar.bz2
cp owncloud_7/config/config.php owncloud/config
chown -R www:www owncloud
service apache24 start

再度、ブラウザからapacheにアクセスして、7.0.4 -> 8.0.0のアップグレードを完了させる。

Admin -> VersionでownCloud 8.0 (stable)と表示されていればOKですね。

あとは上記のFreeNASのGUIからスイッチオンできない問題を解決するのみ(だけど、これで十分使えるので、放っておく可能性大)。

Raspberry Pi : Kodiへの日本語フォントの追加

Kodiのデフォルト状態では、Confluenceスキン上でRoboto-Regular.ttfとRoboto-Bold.ttfを使用する設定になっている。

Confluenceスキンはわりと好きなので、フォントを入れ替えることによってこのスキンで日本語を表示できるようにする。

ラズパイ上でwgetするなり、他のマシンでダウンロードしてscpするなりして、ラズパイの~に以下のファイルを設置する。

http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=jaist&f=%2Fmplus-fonts%2F62344%2Fmplus-TESTFLIGHT-059.tar.xz

その後、

cd ~
tar xf mplus-TESTFLIGHT-059.tar.xz
cd mplus-TESTFLIGHT-059
sudo cp mplus-1c-regular.ttf /usr/share/kodi/addons/skin.confluence/fonts
sudo cp mplus-1c-bold.ttf /usr/share/kodi/addons/skin.confluence/fonts
cd /usr/share/kodi/addons/skin.confluence/fonts
sudo mv Roboto-Regular.ttf Roboto-Regular.ttf.bak
sudo mv Roboto-Bold.ttf Roboto-Bold.ttf.bak
sudo mv mplus-1c-regular.ttf Roboto-Regular.ttf
sudo mv mplus-1c-bold.ttf Roboto-Bold.ttf
cd ~
kodi-standalone

参照
http://mzyy94.com/blog/2015/02/16/raspberry-pi2-osmc-jp/

(ラズパイに限った話題ではないので、Raspberry Piカテゴリに入れるのも気が引けるが、ラズパイで作業したのでいいことにする。)

Raspberry Pi : Wifiのセットアップ

ラズパイをネットワークに繋げるためには、オンボードEthernetアダプタを使用できる。
が、Wifiアダプタを使用することによって、ケーブルを一つ省略できる。

WifiアダプタはEdimax EW-7811Unを使用することにした。

通常は[Menu] -> [Preferences] -> [Wifi Configuration]でWifi環境を設定すればOKだが、当方の環境はSSIDをブロードキャストしていないので、wpa_supplicant.confファイルにパラメータを追加する必要があった。

sudo vi /etc/wpi_supplicant/wpa_supplicant.conf

scan_ssid=1を追加する

wpa_supplicant.confファイルについては、ここでさらに詳しく説明されている。
なお、オンボードEthernetアダプタは100Base-T仕様である。これはアダプタがUSB2.0インターフェース経由であるため。

FreeNAS : RAIDZ1の壊れたHDDを交換する

FreeNASを運用中、SMART errorメールが頻繁に届くようになった。

SMART error (OfflineUncorrectableSector) detected
SMART error (CurrentPendingSector) detected

とのことである。

「#smartctl -a /dev/ada0の出力で、197 Current_Pending_Sectorと、198 Offline_Uncorrectableがゼロでない場合は、将来壊れる可能性あり」ということなので、交換が近いという認識はあった。

そうこうしているうちに、
SMART error (FailedOpenDevice) detected

そして、ついに
The volume pool0 (ZFS) status is DEGRADED

が、届いてしまった。

RAIDZ1ではHDDが二つ落ちるとアウトなので、早速交換用HDDを入手し、交換作業を実施。

以下、作業記録。

1. FreeNAS GUIで [Storage] -> [pool0] -> [Volume Status] -> [壊れたディスクを選択] -> [Offline]
2. SMARTのレポート等で壊れたディスクのS/Nを確認。
3. 電源を落とす。
4. HDDをひとつづつ引き抜いて、該当するS/NのHDDを外し、予備のHDDと交換。
5. 電源オン。
6. GUIにログイン。
7. [Storage] -> [pool0] -> [Volume Status] -> [交換したディスクを選択] -> [Replace]
8. 壊れたディスクの情報がまだ残っているなら、[Detatch]
9. SSHする。#zpool statusの出力で、交換したHDDがresilvering状態になっていることを確認。
10. Resilveringはしばらくかかるため放置。その後、pool0がHEALTHYとなり、Alertが黄色から緑になったことを確認。
11. 再度、#zpool statusして、こんな出力が帰ってくればOK。
pool: pool0
state: ONLINE
scan: resilvered 242G in 3h45m with 0 errors on Tue Aug 26 00:19:33 2014

会社に来てくれる靴磨きおっさん指数

今日は会社に靴磨きのおじさんが来てくれました。

世界の物価を比較する数値として、有名なものではビックマック指数とか、最近ではiPad指数とかあるわけですが、知ってる所だけで訪問靴磨きを比較してみると、

ボゴタ(コロンビア) 2000ペソ(1.06ドル)
メキシコシティ 17ペソ(1.25ドル)
NY 4ドル

やっぱり、NYって物価高いのね、という結果が出ました。

物価を比較するには、サービスの質や物の品質が均一であることが条件ですが、この指数は割と優秀に思えますw

怪獣パレード

メキシコ市内の目抜き通りレフォルマでパレードがありました。エグい色をした怪獣の山車が次から次へと練り歩いています。

ハロウィンには早いし、何事かと思い調べてみると、「ポピュラーアート美術館主催、アレブリヘパレード」とのこと。何のこっちゃ…。

アレブリヘ(Alebrijes)は、もともとはメキシコのオアハカ地方で作られている動物彫刻の民芸品に、80年代になって広まったフォークアートを融合させたもののようです。

怪獣をモチーフにしたものが多いので、アレブリヘをオブジェにすると怪獣の巨大民芸品になります。 というわけで、怪獣の大行進だったわけです。

パレードに登場する怪獣には一体一体にメッセージが込められていて、その辺りもアートなんでしょうね。アート音痴の自分には巨大民芸品というだけで十分楽しめました。

オブジェはこれから2週間、レフォルマ沿いに展示されるそうです。

広告