iPhone 4(と4S)のNo SIM問題

ちまたではiPhone 4Sが出回りはじめています。
iPhoneは初代から使ってきていますが、現在使用中のモデルは去年の夏に発売されたiPhone 4です。

このiPhone 4、買った当初から問題がひとつありました。

それは、使っているうちに突如、「No SIM card installed」とか「Invalid SIM」などとメッセージが表示されて、ボイスもデータも使用不可になります。
これがおきると、一度Air PlaneモードをOn/Offするか、これが効かないときは上部スイッチを長押しして電源をOn/Offしないと回復しません。
まあ、使っているうちになるならこの作業をすればいいのですが、待ち受け状態でこれがおきると電話もかかってこなくなるわけで、極めて深刻です。

ググっているうちに、ほかのユーザーも同じ症状を報告していることはわかりましたが、当時は有効な解決策がないようでした。

ソフトのバグなのかハードの問題なのかわからず、そうこうしているうちにiOS5がリリースされます。
ソフトの問題ならパッチが充てられてるにちがいない!と甘い期待を寄せましたが、iOS5をインストールしても直らず、この期待は見事に裏切られました。

で、今回出張先のメキシコで、メインのケータイとして使っているブラックベリーが水をかぶって昇天されました。こうなると、頼みはバックアップケータイのiPhoneなのですが、いかんせんこの問題のおかげで信頼置けません。それで、もう一度問題解決のためにググって見ると、なんとiPhone 4Sでも多数この問題が報告されています。しかし、今回は有効に思える解決策を載せているリンクを発見しました。

ここの説明によると、要はSIMホルダーのデザインミスで、SIMカードの金属部分がiPhoneの部品に当たってショートしているにちがいない、ということです。それならその当たる部分をずらすか、はたまたマスクしてしまおうではないか、という作戦のようです。

このサイトでは両面テープを小さく切って、ホルダーの突起部分にあてがっていますが、これだと何かの拍子でテープがiPhoneの中に落ちてしまいそうなので、後半に出ているセロテープをSIMカード側に貼る案を採用することにしました。

で、結果はというと、今のところうまくいっているようです。現象は毎日必ずおきるので、一両日中には効果を実感できるでしょう。

上記のサイトでは、このほかにもマニキュアをSIMに塗っても同じ効果が得られることが報告されています。「No SIM」「SIMカードが挿入されていません」にお困りのみなさんは一度試してみてはいかがでしょうか。

【アップデートその1】
作業を行った夜にNo SIM表示が2度現れました。ということはセロテープ案はだめなのかもしれません。あるいはマスクする部分の精度が悪かったのかも。というわけで、両面テープ案をやってみました。セロテープは引き続きSIMについたままです。

【アップデートその2】
両面テープ作戦を実施して4日が経ちますが、たったの1度もNo SIMになりません。もしや、解決か!?
1週間たったらセロテープをはずして、結論を出しましょう。

【アップデートその3】
1週間経ちました。引き続き、「No SIM Card Installed」にも「Invalid SIM Card」にもなっていません。(実はこの間一度だけ「No Service」になりました。これは電波が見つからないときになるのですが、一向に復帰しないのでAirplane Modeのon/off作業を行いました。)
今日はセロテープをSIMカードからはがしたので、今後は両面テープのみで過ごしてみたいと思います。

広告

関心の的

反対サイドのプラカード

グラウンドゼロモスク。だれが命名したのかはよく知りませんが、マンハッタンのPark Place(West BroadwayとChurch Streetの間)に建設されようとしているイスラム教の礼拝所のことです。

ニューヨーク市長はおろか、オバマ大統領が公式に発言を行うまでに関心を集めるようになったこの礼拝所(建設予定地)。どうしてこのような事態になったのでしょうか?

まあ、大統領はさておき、自分がなぜ関心を持つようになったのか簡単にお話しします。

僕の勤めている会社は、このモスク建設予定地のとなりのブロックにあります。最寄りの地下鉄駅はモスクを挟んで反対側のブロックです。というわけで、行きも帰りもこの場所を通るわけです。ランチに出たときも通りますし、お客さんを訪問するために電車に乗るときも通ります。一日数回はここで起きていることを目の当たりにしていることになります。

で、何が起きてるかといいますと、毎日テレビクルーが撮影しています。反対と賛成の両者がプラカードを持って立っています。おじさんがなぜか本件とは関係なさそうに見える絵を描いています。金曜日の夕方になると、イスラム教徒がショッピングカートに何かをたくさん積んで集まります。

どうしてこれほど大騒ぎをしているのでしょうか? 一体ここで何が始まろうとしているのでしょうか? 自分はこのことにどれほど関与することになるのでしょうか? そして、自分はここで起きていることの背景をどれほど知っているのでしょうか?

丁度いいチャンスです。少し時間を割いて、この事態を調べてみようと思います。すこしずつでもイスラム教に対する理解、反対側に対する理解、賛成側に対する理解が深まればと思っています。きっと自分の無知さかげんに呆れるのではないかと今から案じています。

よろしければお付き合いください。

iPhone4

3年ぶりにiPhoneを新調しました。当時の新製品としてのiPhone登場の際の驚きにはかないませんが、バージョンも4となりiPhoneの完成度はますます高くなっていることを随所に実感できます。

確かにiPadも欲しいんですが、実用性から考えるとやっぱりiPhoneの機動性には到底かないません。 この記事も朝の通勤電車の中で書いていますが、こんなことができるのもiPhoneの機動性の象徴です。

プリオーダーの日に、列が長いことは承知で会社の近くのAT&Tストアにお昼ごろ行ってみました。意外にすいてて、30分待ちでプリオーダーを完了できました。 ウチのボスは「いまiPhone持ってるやつは、仕事サボって並んでたわけだから、全員クビだ!」などと言ってますが、たぶん自分が並べなかったのがくやしいんだと思いますよ。

Appleの新製品の目白押しで、物欲はたまる一方です。Macbook Proが欲しいorz

ブルックリンブリッジの改修工事

今日は、副大統領のバイデンさんが、ブルックリンブリッジに来られてたみたいです。

デイリーニュースによると、今後4年間で5.08億ドルを投入して橋を改修するとのこと。

作業内容は、慢性渋滞の二つの出口(マンハッタン側かブルックリン側かは明記なし)の容量倍増と歩道の付け替え。まあ、これで5億ドルというのもどうかと思いますが、会見では「雇用もばっちりふえますよ」と追加してるので、悪いことではないんでしょう。

前回、本格的に改修工事をしたのは10年前だそうで、その時は橋の構造強化のために杭うったり梁渡したりしてました。今回もそのような工事も含まれるのかもしれませんね。だいたい、古すぎて崩壊するかもしれないと言われてましたから…。

マイナス面としては、夜中、週末の工事が増えて、ただでさえ激しいマンハッタン方面の渋滞が、今後4年間ますます厳しくなりますねぇ。あと、工事中はシートがかかったりして景観も悪くなるでしょうから、写真とっておくなら今のうち、といったところしょうか。

個人的には、橋からBQEに乗るときと、クイーンズからBQEで来て橋に乗るときは、一度一般道に降りて信号待ちしないといけないので、これが改善されたら渋滞も減るのではないかと素人感覚で思っています。

Federalの公金も使われる様ですから、NY市民でない人に文句言われないような良い工事をお願いします。

各駅停車:Beach 44st [A]



とてもNYCとは思えない光景です。

Aラインは、JFKを過ぎると長い橋を渡って、Rockaway Beachに入っていきます。地下鉄で行けるビーチはConey IslandやBrighton Beachなどありますが、ここは完全にサビれてボードウォークに人影すらありません。

駅前がいきなりビーチです。デリもグロサリーも99セントストアもありません。反対側は、駅など無視するかのように、いきなり住宅街がはじまります。

最後の写真など、アリゾナかネバダの砂漠地帯を走るアムトラックかと思ってしまいます。

すごいところに来てしまいました。

Bike Access Law

最近、やけに世の中が自転車に優しくなってきたと思ったら、ブルームバーグ市長がBike Access to Buildings Lawなるものを去年通してたんですね。

要は、ビルのオーナーやランドロードは、通勤してきたバイカーが、自転車といっしょにビルに出入りして、貨物用エレベーターを使用することを公式に許可しなきゃだめよ、っていうものらしいです。

この他にも最近は、自転車レーンが整備され、自転車専用信号機が設置され、歩道には自転車をくさりでくくるための輪っかが至る所に登場しています。

「健康にもいいし、お金の節約にもなるし、エコだし」というわけです。

だいたい運転マナー最悪のマンハッタンで、免許のいらない自転車組が続々進出してくると、事故増えるでしょうね。自転車の盗難も日本の比ではありません。

そのあたりのダメージは想定済みなんでしょうか。

次期主力戦闘機の選定作業

4年前にEbayで購入したThinkpad X41。

過酷な使用環境にも絶え、苦楽を共にしてきたのですが、ハードディスクがいよいよ不気味な音を立て始めました。

はっきりいって、ここまで愛着がわくとは思っておらず、X41のない生活が急に始まるかもしれないと思うと、かなりさびしいものがあります。

ハードディスクを換装すればいいじゃないの、という意見もありますが、X41のハードディスクは1.8インチ。しらべてみると60GBで250ドルくらいの価格帯のようです。 4年落ちのラップトップを250ドルかけて修理するなら、新調ということになるでしょう。

というわけで、次期主力戦闘機の選定作業を開始することに。

世の中では、ロッキードマーチン+ボーイングのF22がステルス性能輸出規制で買えない間に生産中止、今後はロッキードマーチンのF35など話されております。

我が家ではXシリーズの後継機であるX201か、はたまたここは、ますます躍進を続けるMacBookProかといったところ。

ビジネスデフォルトで常に王道を行くThinkpadか。 デスクトップはすでにMacにシフトしているので、ラップトップも歩調を合わせて、MacBookProか。 地上整備やパーツ調達においてコストパフォーマンスに勝るWindows機を取るか、制空権において常に優位に立つためにMacOSX機を取るか。 2000ドルクラスの買い物となるので、議会が法案を通してくれるか、などとさまざまな要検討項目があります。

今後も目の話せない展開となることに疑問の余地はありません。
Stay tuned

広告